重力レンズ

スポンサーリンク
星・星雲・星団

最遠の星をハッブル宇宙望遠鏡が発見 〜 これまでの記録を大幅更新!

ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、129億年前に存在していた星の光がとらえられました。画像の矢印の先の赤い点がその星です。138億年前の宇宙誕生からわず...
銀河宇宙

明るく赤い銀河を含む銀河団と重力レンズで歪んだ遠方銀河の像

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が「LRG-4-606」とよばれる天体を含む銀河団をとらえたものです。LRGとは「Luminous Red Galaxy...
銀河宇宙

星形成が盛んだった時代の宇宙で発見された、星形成をストップした「死んだ」銀河

宇宙誕生から30億年が経過した頃、宇宙にあるほとんどの銀河には水素ガスが豊富に存在し、星形成が爆発的に進んでいました。宇宙は史上最も盛んに星形成が進ん...
銀河宇宙

重力レンズにより時間差で届いた遠方の超新星の光。2037年にも届くと予言。

これらの画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が銀河団MACS J0138.0-2155をとらえたものです。左は2016年、右は2019年に撮影されました。 ...
銀河宇宙

重力レンズで5つに分かれた遠方のクエーサー

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたこの画像の中央には、ぼんやりと光る天体の周囲を光のリングが囲んでいます。よく見るとぼんやりとした光は2つ、周囲のリングには...
銀河宇宙

重力レンズで歪められた100億光年先の銀河

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したこの画像の中央には、重力レンズ効果によって生じた円弧が映っています。 光は重力によって曲がります。手前にある天体の重...
銀河宇宙

形や向きなどさまざまな銀河の群れをハッブルがとらえた

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、とけい座の銀河団ACO S 295の画像です。奥にある銀河や手前にある星とともに、銀河団ACO S 295が映し出されて...
銀河宇宙

インディアン座の銀河団エイベル3827と重力レンズ像

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたインディアン座の銀河団エイベル(Abell)3827。渦巻銀河や楕円銀河など、さまざまな形をした銀河が多数映っています。画...
銀河宇宙

ハッブルが見た銀河団と重力レンズで歪んだ遠方銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河団LCDCS-0829の画像です。LCDCS-0829はおとめ座にある銀河団で、銀河団の重力レンズによって、より遠方に...
銀河宇宙

銀河形成理論に再考を迫る!? 129億年前の宇宙で回転する小さな銀河を発見!

138億年前に誕生した宇宙に小さな銀河ができ始めたのは、宇宙誕生から数億年後だと考えられています。これまで宇宙誕生から10数億年後の銀河は観測されてい...
銀河宇宙

ハッブルがとらえた銀河団Abell 2813の重力レンズ

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河団Abell 2813(ACO 2813)の画像です。銀河団に属する楕円銀河や渦巻銀河の間に、三日月形やS字形などに見...
銀河宇宙

「アインシュタインの十字架」を一挙に12個発見!

これら12枚の画像に映っているのは「アインシュタインの十字架(Einstein cross)」です。遠方にある1つのクエーサーの像が、手前側にある銀河...
アストロピクスをフォローする