銀河宇宙

電波銀河ケンタウルス座Aの中心部を、史上最高解像度で撮影!

電波銀河の中で地球に最も近い「ケンタウルス座A」の中心部が、これまでにない解像度で撮影されました。楕円銀河M87の超巨大ブラックホールを撮影したイベント・ホラ...
地球

ISSから見た島根県出雲市

ISS(国際宇宙ステーション)から見た島根県出雲市の写真です。2021年7月2日午前9時20分ごろに高度415kmから撮影されました。 写真左上...
太陽系

木星のジェット気流内にある円形模様と怪しくうねる雲

この画像に映っているのは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが捉えた、木星の北半球の大気のようすです。木星の「ジェットN6」と呼ばれる...
宇宙開発

復旧したハッブル宇宙望遠鏡。観測再開後の初画像を公開

ハッブル宇宙望遠鏡による科学観測が、7月17日午後1時18分(アメリカ東部夏時間)に再開されました。6月13日にペイロードコンピューターが停止...
太陽系

14億km彼方の土星からカッシーニが捉えた地球

土星探査機カッシーニが2013年7月19日に広角カメラで撮影したこの画像には、土星とそのリングとともに、私たちが住む地球も映っています。アストロピクス...
銀河宇宙

重力レンズで歪められた100億光年先の銀河

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したこの画像の中央には、重力レンズ効果によって生じた円弧が映っています。 光は重力によって曲がります。手前にある天体の重...
宇宙開発

ハッブル宇宙望遠鏡、5週間ぶりに科学運用を再開

ハッブル宇宙望遠鏡は2021年6月13日、望遠鏡に搭載されている科学機器を制御したり調整したりするためのペイロードコンピューターが停止し、観測できない...
太陽系

火星の「ゴーストクレーター」

この画像は、火星のユートピア平原に見られる円形構造の一部です。これは衝突クレーターの名残りではないかと見られています。 こちらは冒頭の画...
銀河宇宙

MUSEが明らかにした近傍銀河の新たな星々とガスの分布(2)

ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLT(超大型望遠鏡)に搭載された超広視野面分光装置MUSEで撮影された5つの銀河の写真を、2回に分けて紹介する記事の第2弾で...
星・星雲・星団

キットピークから見た満天の星と天の川の魚眼画像

この魚眼画像には、アメリカ、アリゾナ州南部の砂漠の低木地帯で撮影された夜空が映っています。キットピーク国立天文台のドームが画像の端に見えており、夜空に...
地球

ISSから見た四国の北東部

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された四国の北東部の写真です。2021年5月29日午後3時8分ごろに撮影されました。 この写真では讃岐平野...
星・星雲・星団

複雑な生命への進化には惑星の自転軸の傾きも重要!?

地球のように自転軸が傾いている惑星では、より複雑な生命へと進化する可能性が高いとする研究成果が発表されました。 1992年以来、多数の太陽系外惑...