オシリス・レックス、表面から680mの周回軌道に投入

NASA(アメリカ航空宇宙局)の小惑星探査機オシリス・レックスは2019年6月、小惑星ベンヌ表面から680mのところを周回する軌道(「軌道B」と呼ばれる軌道)に投入されました。それは目標天体を周回する軌道としては、これまでで最も近い距離になります。上の画像は6月13日に撮影されたもので、ベンヌ表面の高度690mから撮影されたものです。

Image Credit: NASA/Goddard/University of Arizona/Lockheed Martin

https://www.asteroidmission.org/20190613-orbital-b-insertion/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています