土星を背景に浮かぶ衛星ディオーネ

土星探査機カッシーニがとらえた画像です。衛星ディオーネの半径は約562kmで、地球の月と同じように、つねに同じ面を土星に向けています。2005年9月、ディオーネから約80万3000kmはなれたところから撮影されました。撮影時、カッシーニはリング平面から約3分の1度のところにいたため、リングがほぼ直線状にみえています。太陽光が南側から当たっており、リングの影が土星の北半球に落ちています。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA07771