かに座の棒渦巻銀河NGC 2608 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河NGC 2608。かに座の方向、6400万光年ほどの距離にあります。私たちの天の川銀河と同じように、中央のバルジに棒状構造がある棒渦巻銀河です。

NGC 2608の中央付近や画像右下に、レンズフレアを伴った明るい星が見えます。これらの星は天の川銀河内にある恒星です。一方でNGC 2608の周辺には、ぼんやりと淡い遠方の銀河が大量に見えています。

画像は2020年6月8日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Riess et al.

https://spacetelescope.org/images/potw2023a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています