活気に満ちた渦巻銀河NGC 6744

ハッブル宇宙望遠鏡のWFC3(広視野カメラ3)で撮影された渦巻銀河NGC 6744。NGC 6744は、くじゃく座の方向、3500万光年の距離にあります。

一見、私たちの住む銀河系に似ていますが、直径は銀河系の2倍(約20万光年)もあります。銀河の中央付近の「バルジ」と呼ばれる領域には、年老いた黄色い星が集まっています。バルジから伸びる渦状腕には、暗くみえている塵、ピンク色にみえている星形成領域、青く輝く若い星団などが散りばめられています。これらは、NGC 6744がいまだ活気に満ちていることを示しています。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA
Acknowledgement: Judy Schmidt

https://www.spacetelescope.org/images/potw1830a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています