木星探査機ジュノー、ガリレオ探査機以来21年ぶりに衛星ガニメデに接近へ

木星探査機ジュノー。Credit: NASA/JPL

2021年6月8日午前2時35分(日本時間)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが、木星最大の衛星ガニメデの表面から1038kmの距離まで接近します。探査機がここまでガニメデに近づくのは、2000年5月にガリレオ探査機が最後から2番目の接近を行なって以来のことになります。

衛星としては太陽系最大のガニメデは惑星である水星より大きく、また衛星としては唯一、磁気圏を持っています。接近時にジュノー探査機は画像を撮影するほか、ガニメデの組成や磁気圏などの観測も行います。最接近の約3時間前からデータ収集を開始するとのことです。

ボイジャー1号、2号、ガリレオ探査機のデータをもとに作られたガニメデの地質図(左)と画像。Credit: USGS Astrogeology Science Center/Wheaton/NASA/JPL-Caltech

ジュノー探査機はガニメデのそばを秒速19kmで通過した24時間後には、木星への33回目の最接近を行うことになっています。なおジュノー探査機は2019年12月にガニメデの北極域を撮影したことがありますが、そのときはガニメデから9万5000km以上離れたところを通過しながらの観測でした。

ジュノー探査機は2016年7月に木星に到達しました。ミッションは当初2018年2月までの予定でしたが延長され、2021年1月には2025年9月まで延長されることが決まりました。2021年1月に延長が発表された際、ガニメデやエウロパ、イオなどの大型衛星へのフライバイも計画していることが発表されていました。

(参照)NASA