日没後に撮影した火星の雲

2019年5月17日、火星探査車キュリオシティが、日没後に火星上空の雲を撮影しました。日没後でも雲が明るくみえているのは、この雲が高度31kmと非常に高いところにあるために、まだ太陽光に照らされているからです。

リンク先では、雲が移動するアニメーションをみることができます。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

https://www.jpl.nasa.gov/spaceimages/details.php?id=PIA23243

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています