太陽から激しく噴き出すコロナ質量放出

太陽では、表面から大量のプラズマが一気に放出される「CME(コロナ質量放出)」という現象が発生することがあります。上の画像は、2012年8月31日に起きたCMEを、太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)がとらえたものです。

この時のCMEは、秒速1450kmほどで噴き出しました。地球に直接向かってきたわけではありませんでしたが、9月3日には地球でオーロラの活動が活発になりました。

この画像は、30.4nmの波長で撮影した画像と、17.1nmの波長で撮影した画像を合成したものです。30.4nmの波長では5万度の領域を、17.1nmの波長では約60万度の領域を観測することができます。

CME部分のクローズアップ

Image Credit: NASA/Goddard Space Flight Center

https://svs.gsfc.nasa.gov/cgi-bin/details.cgi?aid=11095


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています