太陽観測衛星

スポンサーリンク
太陽系

ソーラー・オービターが最接近時にとらえた太陽の詳細画像

ESA/NASAの太陽探査機ソーラー・オービターが2022年3月26日、太陽に最接近し近日点を通過しました。最接近時、ソーラー・オービターは水星軌道より内側に...
太陽系

太陽の上層大気に空いた巨大な穴「コロナホール」(2018年11月)

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測衛星SDOが2018年11月1日に、19.3ナノメートルの極端紫外線の波長でとらえたもので、太陽の...
太陽系

「ひので」がX線でとらえた太陽の15年

2006年に打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので(SOLAR-B)」は、2021年9月23日に打ち上げ15周年を迎えました。この画像は、「ひので」...
太陽系

ソーラー・オービターがとらえた、太陽のさまざまな温度領域

これらの画像に映っているのは、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の太陽探査衛星ソーラー・オービターが、SPICEという装置を使ってとらえた太陽です。 ...
太陽系

史上最高解像度! ソーラー・オービターがとらえた太陽コロナの全体像

この画像に映っているのは、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の太陽探査衛星ソーラー・オービターが約7500万kmの距離からとらえた太陽です。2022年3月7...
太陽系

太陽観測衛星SOHOがとらえた2002年の大規模なCME(コロナ質量放出)

この画像は、太陽観測衛星SOHOがとらえたもので、「コロナ質量放出」と呼ばれる現象が映っています。2002年1月4日、SOHOに搭載されたLASCO ...
太陽系

ソーラー・オービター、3月26日に太陽最接近へ

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の太陽観測衛星ソーラー・オービターが、2022年3月26日に太陽へ最接近します。この映像は、太陽に近づきつつある202...
太陽系

パーカー・ソーラー・プローブが11回目の太陽最接近を完了

赤い線は2022年2月24日から27日にかけてのパーカー・ソーラー・プローブの経路。赤い点は1時間ごとにプロットしたもの。Image Credit: NASA...
太陽系

太陽の超巨大プロミネンスをソーラー・オービターがとらえた

この画像には、太陽とその表面から噴き出した巨大なプロミネンスが映し出されています。プロミネンスとは太陽の上層大気(コロナ)に浮かぶ高密度のプラズマの雲...
太陽系

STEREOがとらえた太陽の巨大なプロミネンス

太陽の上空に噴き出した巨大なプロミネンスを、NASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測機STEREOがとらえた画像です。2010年9月30日〜10月1日...
太陽系

金星の分厚い雲の下の大地を太陽探査衛星が可視光で初撮影

金星は分厚い雲で覆われているため、ふつう可視光では表面を見ることができません。NASAの太陽探査衛星パーカー・ソーラー・プローブが、可視光の波長で初めて金星表面をとらえました。
太陽系

太陽の彩層に見られる細長いジェット「スピキュール」

太陽の光球の上にある「彩層」と呼ばれる層を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測衛星SDOがとらえた画像です。彩層にみられる「スピキュール」と呼ば...
アストロピクスをフォローする