人類が初めて目にした「地球の出」

アポロ8号の乗組員が月の周回軌道から撮影した「地球の出」の写真です。

アポロ8号は、有人宇宙船としては人類史上初めて月を周回する軌道に入り、地球へ帰還しました。この写真のように、人類が肉眼で月の地平線からの地球の出を目撃したのは、アポロ8号が初めてのことでした。

月は常にほぼ同じ面を地球に向けているため、月面に立つと地球はいつもほぼ同じ位置にあります。そのため月面からでは地球の出を見ることはできません。宇宙船が月をまわることで、月の地平線から地球が出てくるようにみえるのです。

アポロ8号が打ち上げられたのは1968年12月21日。そして月周回軌道に入り地球の出を撮影したのは、クリスマスイブの12月24日のことでした。

Image Credit: NASA

https://www.nasa.gov/topics/history/features/apollo_8.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています