リングの向こうにある土星の衛星レア

土星探査機カッシーニがとらえた画像です。土星のリングの向こうに衛星レアが映っています。リングの隙間からもレアの表面が見えています。

レアの直径は1528kmで、タイタンに次いで土星で2番目に大きな衛星です。とはいえ土星の衛星の中ではタイタンが極端に大きく、レアの大きさはタイタンの3分の1以下しかありません。

画像は2006年7月1日に撮影されました。撮影時、カッシーニ探査機は、レアから約120万kmの距離にいました。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA08239

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています