オシリス・レックス、サンプル採取のリハーサル映像

NASA(アメリカ航空宇宙局)の小惑星探査機オシリス・レックスは、8月に予定されている小惑星ベンヌからのサンプル採取に向けて、2020年4月14日に最初のリハーサルを行いました。このリハーサルでは、オシリス・レックスはベンヌ表面から65mの地点まで近づきました。

映像は、その際にオシリス・レックスのナビゲーションカメラNavCam 2で撮影した画像から作られたものです。画像は軌道離脱の約1時間後から上昇に転じた2分後まで、3時間にわたって撮影されました。

途中、機体が旋回したためにベンヌが視界から外れる場面もあります。映像の最後の方では、サンプル採取地点である「Nightingale(ナイチンゲール。「サヨナキドリ」の意)」も見えてきます。

6月23日には2回目のリハーサルを行う予定です。実際のサンプル採取は8月25日に予定されており、地球への帰還は2023年9月の予定です。

Credit: NASA/Goddard/University of Arizona/Lockheed Martin

https://www.asteroidmission.org/checkpoint-navcam/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています