アストロピクス「太陽系」関連記事

彗星

ロゼッタ探査機がとらえたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(2016年5月15日撮影)

この画像に映っているのは、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の核です。ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機ロゼッタが、2016年5月15日に撮影しました。チュリ...
木星

ジュノー探査機がとらえた木星と小衛星アマルテア

この画像には、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえた木星が映っています。2024年3月7日、ジュノー探査機が59回目の木星フライバイを行っ...
太陽

太陽で頻発した最強Xクラスの太陽フレア

2024年5月8日以降、太陽面のとある一画で太陽フレアが頻発。その影響で地球で低緯度オーロラが出現したことも話題になりました。8日から12日にかけて、最大規模の...
太陽

大規模な太陽フレアを引き起こした巨大黒点群

2024年5月8日〜10日にかけてXクラスの大規模な太陽フレアが連続して発生しました。太陽フレアは、太陽の表面にみられる暗い「黒点」付近で発生します。画像はNA...
太陽

最強Xクラスの太陽フレアが頻発! 観測衛星がとらえた太陽表面の爆発現象

5月に入り、Xクラスの大規模な太陽フレアが頻発しています。先日、5月3日(UT、以下同じ)に発生したX1.6のフレアの動画を紹介しましたが、その後も5月5日から...
太陽

2024年5月3日に発生したX1.6の太陽フレア

2024年5月3日11時22分(日本時)をピークとする強力な太陽フレアが発生しました。画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測衛星SDOが13.1nmの波...
太陽

ソーラーオービターがとらえた太陽コロナの詳細

この映像はESA(ヨーロッパ宇宙機関)の太陽探査機ソーラー・オービターが撮影したもので、太陽の上層大気であるコロナの詳細が映し出されています。明るく見える領域の...
火星

火星の南極で春になって大量に出現した黒い「クモ」

火星の南極付近では、春になるとたくさんの「クモ(spider)」があらわれます。もちろん生物のクモが出てくるわけではありません。春の日差しによりドライアイスの層の下部がガスになり、そのガスが暗い塵とともに噴き出して、表面に暗い染みのような模様を作るのです。
木星

ジュノー探査機が3つの異なる波長で見た木星の北極周辺の渦

NASAのジュノー探査機が異なる3波長で木星の北極を捉えました。可視光や赤外線の画像からはいくつかある低気圧が似ているように見えますが、雲の下の方までわかるマイクロ波で得られた画像を見ると違いがあることがわかります。
火星

マーズ・エクスプレスがとらえた火星の「インカシティ」と「スパイダー」

火星の「インカ・シティ」と呼ばれる場所を、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の火星探査機マーズ・エクスプレスがとらえました。直交する壁のような地形がインカの遺跡を彷彿とさせることからそう呼ばれます。そこには春の訪れを示す暗い斑点(「スパイダー」)もあちらこちらに映っていました。
木星

木星の衛星イオの溶岩湖の空撮再現映像

木星には「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの主要な衛星があります。ガリレオ衛星のうち木星に最も近いところを公転する衛星イオは、太陽系全体で最も火山活動が活発なことで...
木星

すばる望遠鏡が赤外線でとらえた木星とリング

この画像は、すばる望遠鏡が木星とそのリングを赤外線でとらえたものです。 IRCS(近赤外線分光撮像装置)という観測装置で撮影されました。 惑星のリングといえば土...