リングに二分された三日月状の土星

三日月状の土星を、リングが上下に二分しています。土星の昼夜の境界付近、リングのすぐ上のところに見える暗い点は、直径約396kmの衛星ミマスです。

この画像は2009年10月27日に、ほぼリング平面上から撮影されました。太陽光がリング平面のわずかに上から当たっていることが、土星本体に落ちるリングの影から分かります。撮影時、カッシーニは土星から約220万kmの距離にいました。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA12533


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています