2020年10月15日、水星探査機ベピコロンボが金星フライバイへ

日欧共同の水星探査機ベピコロンボ(BepiColombo)が、2020年10月15日に金星でフライバイを行う予定です。最接近は15日12時58分(日本時間)、最接近時には約1万720kmまで金星に近づきます。

ベピコロンボは、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)の水星磁気圏探査機「みお」(MMO:Mercury Magnetospheric Orbiter)と、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の水星表面探査機(MPO:Mercury Planetary Orbiter)という2機のオービターで水星の観測を行うミッションです。「みお」とMPO、そして電気推進モジュールMTM(Mercury Transfer Module)が結合した状態で水星に向かっています。

2018年10月に打ち上げられたベピコロンボは、2020年4月に地球でフライバイを実施しました。2025年後半の水星到着に向け、ベピコロンボは地球、金星、水星で合計9回フライバイを行います。今回はそのうちの2回目(金星では1回目)のフライバイになります。

フライバイの際には、「みお」とMPOに搭載されたいくつかの科学機器で金星大気や宇宙環境を調べる予定です。またMTMに設置されているモニタリング・カメラで、金星を通過する際のようすを撮影する予定になっています。

またベピコロンボの金星フライバイにあわせて、金星を周回中の金星探査機「あかつき」と地球を周回中の惑星分光観測衛星「ひさき」という2機の日本の宇宙機も同時に金星の観測を行う予定です。

Credit: ESA

(参照)ESA

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています