ハッブルがとらえた「神秘的な山」 〜 30 Years, 30 Images #20(2010年)

りゅうこつ座にあるカリーナ星雲内の一部、「Mystic Mountain(神秘的な山)」とも呼ばれる領域をとらえた画像です。ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ(1990年4月24日)20周年を記念して、2010年4月にリリースされました。

ガスと塵からなる、3光年の高さの柱状構造の最上部をとらえたものです。カリーナ星雲内にある超高温の新しい星からの激しい放射線と恒星風が、このような柱状構造を形作り、柱を圧縮することで内部に星を誕生させています。

画像上、山の頂上付近には、柱の内部に隠れている生まれたばかりの星から噴き出すジェットが見えています。画像中央付近、上部が平らな頂上付近にも、生まれたばかりの星からジェットが噴き出しています。

柱状構造の縁の部分からは高温の電離ガスが流れ出しているのが見えており、また星の光に照らされたガスと塵がかすかなベールのように周辺に浮かんでいます。

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ30周年(2020年4月24日)に向けて、NASA(アメリカ航空宇宙局)は「30 Years, 30 Images」と題して、これまでハッブルが撮影してきた画像から各年1枚ずつ選んで公開しています。

冒頭の画像はその20枚目のものです。

Image Credit: NASA, ESA, and M. Livio and the Hubble 20th Anniversary Team (STScI)

https://www.flickr.com/photos/nasahubble/49614998857/in/album-72157713228021437/

https://hubblesite.org/contents/media/images/2010/13/2707-Image.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています