8月16日、小惑星が記録上最も近いところを通過!

2020年8月16日13時8分(日本時間)、3〜6mほどのサイズの小惑星2020 QGがインド洋南部の上空2950kmのところを通過しました。これまで知られている地球近傍小惑星(NEA)で、衝突せずに通過した中では最も近い距離を通過した小惑星でした。もし地球の大気圏に突入した場合には火球になっていたとみられます。

2020 QGの軌道は、地球の重力によって大きく曲げられました。計算によると45度ほど曲がったとのことです。

2020 QGと同程度の大きさの小惑星は何億個もあるとみられていますが、そのような小惑星は地球にかなり接近してからでないと発見するのは困難です。2020 QGは8月16日、地球から離れていく際に発見されました。ほとんどのNEAは、月よりも遠い安全な距離のところを通過していきます。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

(参照)NASA

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています