2000年11月、ISSでの長期滞在がスタート

2000年10月31日、ロシアのユーリー・ギドゼンコとセルゲイ・クリカレフ、アメリカのウイリアム・シェパードの3人の宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。3人はISS(国際宇宙ステーション)での第1次長期滞在クルーでした。

11月2日、ソユーズはISSへドッキングし、3人はISSへと移動します。このときから、ISSでの長期滞在が始まりました。そのとき以来、人員が入れ替わりながらISSには乗組員が常駐しています。2000年といえば20世紀最後の年。21世紀に入ってからは、つねに宇宙に人類がいたことになります。

上の写真は、11月30日に打ち上げられたアメリカのスペースシャトル・エンデバー号から、3人が乗るISSを撮影したものです。ISSはまだ建設途中で、現在の姿と比べるとモジュールは少数しかありません。

Image Credit: NASA

https://images.nasa.gov/details-sts097-702-061


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています