恐竜時代の岩石が露出するアルゼンチンのタランパヤ国立公園をISSから撮影

この写真はISS(国際宇宙ステーション)からとらえたもので、南米アルゼンチンのタランパヤ国立公園が映っています。2021年10月19日に撮影されました。

写真中央を縦に走る赤い岩は中生代三畳紀(約2億5000万年前〜2億年前)のものです。三畳紀は恐竜が登場し始めた時代で、この地域の地層からは恐竜や哺乳類、植物の化石が発見されています。隣接するイスチグアラスト州立公園とともに、2000年に世界遺産に登録されました。

画像はNASA Earth Observatoryで2022年6月18日の「Image of the Day(今日の1枚)」として紹介されたものです(画像は編集部で回転、トリミングをしました)。

Image Source: NASA’s Earth Observatory

(参照)NASA Earth Observatory

タイトルとURLをコピーしました