土星の青い大気に落ちるリングの影

カッシーニ探査機がとらえた土星。この画像には、土星表面の色のグラデーションの美しさと、リングや土星に落ちるリングの影の幾何学的な美しさが共存しています。2005年5月4日に撮影されました。

理由はよくわかっていませんが、土星の大気は冬の時期になると青みを帯びた色になります。この画像が撮影されたのは、土星の北半球の冬の時期でした。

太陽光はリングの下からあたり、北半球の中緯度地方に暗い影が落ちています。影を見ると、リングに隙間があることや、太陽光が透ける場所があることが分かります。

赤、青、緑のフィルターを使って撮影した画像を色合成したもので、自然色に近い色になっています。撮影時、カッシーニ探査機は土星から99万9000km離れたところに位置していました。

Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA07772

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています