原始星

星・星雲・星団

ハッブル望遠鏡がとらえたガスと塵の雲の中で成長する若い星系

この画像は、「おうし座FS(FS Tau)」という多重星系をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたものです。画像には、明るく輝いてみえる、おうし座FS星Aと、その右上に塵...
星雲

太陽の30倍の質量の原始星を宿す星形成領域 ハッブル望遠鏡が撮影

この画像は2024年2月12日に公開された、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。「IRAS 16562-39...
星・星雲・星団

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星のゆりかご

この画像はハッブル宇宙望遠鏡が撮影したもので、原始星「OH 339.88-1.26」周辺が映っています。さいだん座の方向、地球から8900光年の距離にあります。...
星・星雲・星団

重力不安定による巨大ガス惑星の形成現場を初観測か

この画像に映っているのは、いっかくじゅう座の方向、5000光年の距離にある「いっかくじゅう座V960(V960 Mon)」という若い星です。ESO(ヨーロッパ南...
星・星雲・星団

惑星はいつ誕生する? アルマ望遠鏡で惑星形成の最初期段階をとらえた

星形成過程のどの段階で惑星系が形成されるのか。その問いに答えるべく、アルマ望遠鏡を使って、星形成開始から1万〜10万年程度の初期段階にある原始星周囲の円盤の系統...
星・星雲・星団

スプリンクラーのようにジェットを噴き出す若い星をとらえた

この画像は、オリオン星雲にある「プロプリッド(原始惑星体)」と呼ばれる若い天体「244-440」をとらえたものです。ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLT(超大...
星・星雲・星団

星たちのゆりかごに原始星からの高速ガス流が激しく衝突! アルマ望遠鏡がとらえた

この画像は、アルマ望遠鏡が若い星団形成領域OMC-2の「FIR 3」「FIR 4」と呼ばれる一画をとらえたものです。OMC-2は、地球から最も近い巨大分子雲であ...
星・星雲・星団

若い連星系と周辺の高温の塵の塊をアルマ望遠鏡がとらえた

この画像は、非常に初期の段階にある連星系をアルマ望遠鏡が電波でとらえたものです。☆印のところにある2つの原始星は塵円盤に囲まれています。色は原始星とその周辺の温...
星・星雲・星団

原始星が作り出した「砂時計」 ウェッブ望遠鏡が撮影

この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がNIRCam(近赤外線カメラ)でとらえたもので、星形成領域L1527の原始星が映っています。L1527は、おうし座の...
星雲

ハッブルがとらえた青く輝くカメレオンI分子雲

カメレオン座分子雲の中の「カメレオンI」を、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。星が形成中の塵の多い暗黒星雲や、明るく青い若い星の光によって輝く反射星雲、ハー...
星・星雲・星団

うねりながら噴き出す若い星のジェットを鮮明にとらえた

形成途中の若い星から出たジェットをとらえた画像です。MHO 2147と名付けられたこの天体は、いて座とへびつかい座の境界付近、地球から約1万光年の距離にあります...
星・星雲・星団

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた反射星雲内の原始星

この画像は、カメレオン座の反射星雲IC 2631にある原始星「J1672835.29-763111.64」を、ハッブル宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたものです。 原...
記事をシェアする