創造の柱

星雲

「創造の柱」を宿すわし星雲 スピッツァー宇宙望遠鏡が撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が、わし星雲(M16)を赤外線でとらえたものです。 わし星雲は、へび座の方向、約6500光年の...
星・星雲・星団

ウェッブ望遠鏡、初画像公開から1年間のベストショット10

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、2022年7月12日に初のフルカラー画像が公開(1枚は前日に先行公開)されてから1周年を迎えます。その間、新たな画像や科学的成...
星雲

X線と赤外線で見た「創造の柱」 チャンドラとウェッブのコラボ

この画像は、わし星雲(M16)にある「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれる領域をとらえたものです。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が中間...
太陽系

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえた2022年のベストショット10

2021年12月25日に打ち上げられたジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、今年に入り各部の展開や調整、試運転を経て夏から科学運用を開始しました。7月11日に初のフ...
星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた「創造の柱」(近赤外+中間赤外)

この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、わし星雲(M16)にある「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれるガスと塵の柱状構造をとらえ...
星雲

「創造の柱」を宿す「わし星雲」 WISEが撮影

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEがとらえたもので、星形成領域である「わし星雲」が映っています。わし星雲は、へび座の方向、約570...
星雲

ウェッブ望遠鏡が中間赤外線でとらえた「創造の柱」

この画像は、わし星雲(M16)にある「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれる領域を、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえたものです。先...
星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた「創造の柱」

わし星雲(M16)にある「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれる領域を、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえました。創造の柱は、ハッブ...
星雲

NASA特製ポスターデータ 〜 太陽系を超えて バージョンC

アストロピクスではこれまで、NASA(アメリカ航空宇宙局)が公開している太陽系関連画像を使用したポスターをいくつも紹介してきました。その同じシリーズで「Beyo...
星雲

ハーシェルが遠赤外線でとらえた「創造の柱」の周辺

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の赤外線天文衛星ハーシェルが遠赤外線でとらえた「わし星雲(M16)」の中心部。画像中央下部に、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したことで有名...
星雲

ハッブルが撮影した最も有名な画像の1つ、わし星雲の「創造の柱」 〜 30 Years, 30 Images #5(1995年)

1995年にリリースされた「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれる画像です。へび座の方向、6500光年の距離にある「わし星雲(M16)」...
星雲

ハッブルが赤外線でとらえた、わし星雲の「創造の柱」

へび座の方向、6500光年の距離にある「わし星雲(M16)」にある「創造の柱(Pillars of Creation)」を、ハッブル宇宙望遠鏡が近赤外線で撮影し...
記事をシェアする