火山灰におおわれたフィリピン、タール火山の衛星画像

2020年1月12日に噴火したフィリピンのタール火山を、1月23日に地球観測衛星センチネル2がとらえた衛星画像です。画像中央にタール火山が映っています。

湖に浮かぶ火山島は全体が火山灰におおわれています。また短波長赤外線でとらえた火口の活動が赤で示されています。強風で南西方向に流されている火山灰もみえています。

Image Credit: contains modified Copernicus Sentinel data (2020), processed by ESA, CC BY-SA 3.0 IGO

http://www.esa.int/ESA_Multimedia/Images/2020/01/Taal_volcano_blanketed_by_ash


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています