輝く星々の近くに見える、うさぎ座の渦巻銀河NGC 1964

画像中央に映る銀河は、うさぎ座の方向、約7000万光年の距離にある渦巻銀河NGC 1964です。星の密集した明るいコアから、渦状腕が美しく伸びています。1784年に、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見されました。ESO(ヨーロッパ南天天文台)のラ・シヤ天文台のMPG/ESO 2.2m望遠鏡で撮影され、2017年9月25日にリリースされた画像です。

NGC 1964の近くに明るい星がいくつか映っています。NGC 1964のすぐ右側に「HD 36785」、その上の方に「HD 36784」と「TYC 5928-368-1」、右下に「BD-22 1147」として知られる星が明るく輝いています。

背景には多くの星の他に、NGC 1964よりも遠方にある銀河もたくさん映っています。

Image Credit: ESO/Jean-Christophe Lambry

https://www.eso.org/public/images/potw1739a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています