ISSから見た満月と雲から伸びる影

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された写真です。写真手前側の地球表面には雲がみえ、その雲から奥の方に影が伸びています。そして宇宙には満月が浮かんでいます。

写真は2016年6月21日に、第48次長期滞在の船長だったNASA(アメリカ航空宇宙局)のジェフリー・ウィリアムズ飛行士が撮影したものです。

地球をはさんで、月と太陽が反対側にあるときに満月になります。写真の雲の影が伸びる方向から、太陽がちょうど月の反対側にあることが分かります。

Image Credit: NASA

(参照)NASA

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています