太陽の8000億倍の質量をもつソンブレロ銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた楕円銀河M104(NGC 4594)。メキシコの「ソンブレロ」という帽子に似ていることから「ソンブレロ銀河」とも呼ばれています。おとめ座の方向、2800万光年の距離にあります。

質量が太陽の8000億倍もあり、銀河系の近くにある銀河の中で最大級のものです。球状星団は2000個近くあると見積もられており、その数は銀河系の実に10倍に及びます。濃い塵が光をさえぎり、銀河を横切るように暗い帯状の領域を作っています。

Image Credit: NASA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

https://hubblesite.org/contents/media/images/2003/28/1415-Image.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています