リボンのような渦状腕が伸びる銀河NGC 1398

ろ座の方向、約6500万光年の距離にある棒渦巻銀河NGC 1398。銀河の中央部に、細長い棒状構造が縦に伸びているのが映っています。南米チリにあるESO(ヨーロッパ南天天文台)パラナル天文台の超大型望遠鏡VLTで撮影されました。

渦状腕は中央部から外に向かって、まるで細いリボンのように伸びています。渦状腕のところどころにみられるピンク色の部分は星形成領域です。渦状腕に沿うように暗い塵が広がっています。

Image Credit: ESO

https://www.eso.org/public/images/potw1801a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています