とけい座の棒渦巻銀河IC 1954 〜 ハッブルの今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河IC 1954。とけい座の方向、約4500万光年の距離にあります。明るい棒状の構造と、まわりを渦巻く渦状腕が映し出されています。渦状腕に沿うように、暗い塵の帯も伸びています。

この銀河はアルマ望遠鏡でも観測されました。ハッブル宇宙望遠鏡は若い星の集団を紫外線と可視光で観測し、アルマ望遠鏡は星が形成される円盤や低温のガス雲のデータを取得しました。これらの観測結果を組み合わせることで、若い星と、その星を生み出す低温のガス雲との関係を結びつけることが可能になりました。

そのような観測結果は、近々打ち上げ予定のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡など、将来の観測の基礎となるとのことです。

画像は2021年8月2日にリリースされたハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, J. Lee and the PHANGS-HST Team

(参照)ESA/Hubble