国際宇宙ステーションから見た地球  4Kタイムラプス映像(2021年4月29日撮影) | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

国際宇宙ステーションから見た地球  4Kタイムラプス映像(2021年4月29日撮影)

この地球画像はISS(国際宇宙ステーション)から撮影されたもので、下で紹介する動画の元になった画像の1枚です。2021年4月29日に撮影されました。

こちらの動画は、およそ44分間にISSから撮影された8489枚の画像を、1分49秒にまとめたタイムラプス映像です。冒頭で紹介した最初の画像は15時34分38秒に撮影されたもので、映像の最後は16時18分14秒に撮影された画像で終わります。

ISSの位置は、北太平洋(北緯51.6度、西経144.8度)上空から南東方向へ移動していき、北アメリカ上空から南アメリカ大陸東部を通過していきます。大西洋に抜けた後、南アフリカ南西沖上空(南緯49.4度、東経7.1度)で終わります。地球の表面が雲に覆われているシーンが多いですが、大陸の一部や青い海などが見えるシーンもみられます。最後は地球が闇に包まれて映像は終了します。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center
映像作成: Noriaki Okamoto

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth