北大西洋上空のISSからみた日の出

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された日の出の写真です。地球の縁に沿って、太陽光が大気で散乱して明るく見えています。ISSの第61次長期滞在クルーによって、2020年1月12日に北大西洋上空から撮影されました。

ISSは90分で地球を1周しているため、日の出と日没が1日に16回ずつ訪れます。地上でみる日の出や日没と比べると、ISSからみる太陽はとても速く昇ったり沈んだりします。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS061&roll=E&frame=123824

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています