「こうのとり」9号機、ISS離脱時の写真が公開

日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV-9)が、2020年8月19日午前2時35分ごろ(日本時間、以下同)、ISS(国際宇宙ステーション)から離脱しました。上の3枚の写真は、その際に撮影されたものです。

1枚目の写真は、「こうのとり」9号機をハーモニー・モジュールから取り外した後、ロボットアーム(カナダアーム2)を使って離脱位置まで移動させているところです。2枚目は「こうのとり」9号機を地球周回軌道に放出した後に撮影された写真です。3枚目はその後にISSから離脱しているところを撮影したものです。

「こうのとり」9号機は2020年5月21日に打ち上げられ、26日にISSとドッキング。約4トンの物資や実験装置をISSへ運びました。ISSとのドッキング以降の「こうのとり」9号機の写真は、アストロピクスでも紹介してきました(「15枚の写真で振り返る「こうのとり」最終便」)。

8月20日に大気圏に再突入するして太平洋上空で燃え尽きる予定です。「こうのとり」の運用は今回の9号機で終了します。現在、2021年度の打ち上げに向けて後継機HTV-Xの開発が進められています。

なお上の写真は解像度を落としてあります。高解像度写真をご覧になりたい場合、以下のリンク先からご覧ください。

Image Credit: NASA

(参照)NASA Image and Video Library(1)(2)(3)

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています