ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 3432

ハッブル宇宙望遠鏡のACS(掃天観測用高性能カメラ)でとらえられた渦巻銀河NGC 3432。こじし座の方向にあります。NGC 3432は、すぐ近くにある矮小銀河UGC 5983と相互作用しており、2つの銀河をあわせて「Arp 206」とも呼ばれます。

NGC 3432は、地球から見ると渦巻銀河を真横から見ている状態のため、渦状腕や銀河中心などは見えていません。赤っぽく見えている部分は星形成領域です。暗い塵の領域も映っています。

この画像は、2019年7月29日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Filippenko, R. Jansen

https://www.spacetelescope.org/images/potw1930a/



アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています