渦状腕が目立たない渦巻銀河UGC 12588

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたアンドロメダ座の渦巻銀河UGC 12588。一般的な渦巻銀河と比べると、渦状腕がほとんど目立ちません。中心部は円形で白くぼんやりしています。この画像を紹介しているESA/HubbleのウェブページではUGC 12588のことを、星やガスからなる巨大な構造というよりはシナモンロールを連想させると書かれていますが、皆さんはどう思われるでしょうか。

銀河の周辺部に点在する青い星が、新たに星形成が起きている可能性がある領域を目立たせています。UGC 12588の周辺には、より遠方にあるたくさんの銀河が映り込んでいます。

この画像は2020年11月16日にリリースされたハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, R. Tully
Acknowledgement: Gagandeep Anand

(参照)ESA/Hubble

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています