ニュー・ホライズンズがとらえた冥王星の衛星カロン

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機が冥王星の衛星カロンをとらえたものです。ニュー・ホライズンズは2015年7月14日に冥王星に到達し、そばを通過しつつ冥王星と衛星の観測を行ないました。画像は最接近の直前に撮影されたものです。色は強調されています。

画像中央付近を溝のような地形が左右に伸び、北極付近は赤みがかっています。クレーターがあまり多くないことも特徴的です。

冥王星には衛星が5個見つかっています。カロンはそのうちの最大の衛星で、冥王星の半分ほどの大きさがあります(直径1214km)。

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA19968


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています