星雲

星雲

宇宙の雲景〜オリオン星雲のクローズアップ ハッブル望遠鏡の今週の1枚

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡がオリオン星雲の一部をとらえたもので、ハービッグ・ハロー天体HH 505の周辺が映し出されています。 ハービッグ・...
星雲

電離した水素が赤く輝く星形成領域RCW 120

さそり座の方向、約4300光年の距離にある星形成領域「RCW 120」を可視光でとらえた画像です。南米チリ北部にあるセロ・トロロ汎米天文台(CTIO)...
星雲

ハッブル望遠鏡がとらえた、わし星雲の中心部にある長大なガスと塵の塔

この画像は、わし星雲(M16)の中心部をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたもので、ガスと塵からなる塔のような長大な柱状の構造が映し出されています。高さは9....
星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた星形成領域の「宇宙の崖」

この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がカリーナ星雲の北西の隅にある星形成領域NGC 3324の一部をとらえたもので、2022年7月12日に公開さ...
惑星状星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた「南のリング星雲」

これらの画像は、2022年7月12日に公開されたジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の初のフルカラー画像の一部で、惑星状星雲である「南のリング星雲(...
惑星状星雲

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「南のリング星雲」

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC 3132。「南のリング星雲」とも呼ばれるNGC 3132は、ほ座の方向、約2000光年の距離にあります。...
星雲

ガスと塵の巨大な雲「干潟星雲(M8)」

この画像に映っているのは干潟星雲(M8)です。干潟星雲はいて座の方向、約5000光年の距離にあります。南米チリにあるESO(ヨーロッパ南天天文台)パラ...
惑星状星雲

宇宙で最も低温な天体! ハッブル望遠鏡がとらえた「ブーメラン星雲」

この画像はハッブル宇宙望遠鏡のACS(掃天観測用高性能カメラ)によって2005年に撮影されたもので、「ブーメラン星雲」と呼ばれるガスと塵の雲(原始惑星...
星雲

アルマ望遠鏡が明らかにしたタランチュラ星雲の低温ガス雲の詳細構造

大マゼラン銀河のタランチュラ星雲をアルマ望遠鏡やESOのVLT、VISTAでとらえた画像を紹介。アルマ望遠鏡の観測から、大質量星の影響を強く受けつつも星形成の場である高密度ガス雲があることが判明しました。
星雲

ハーシェルがとらえた星形成領域RCW 120のバブル

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の赤外線天文衛星ハーシェルが赤外線でとらえた星形成領域RCW 120。RCW 120は、さそり座の方向、約4300光年の距...
星雲

オリオン大星雲の広大な輝きは、弾き出された大質量星が作り出した!?

オリオン大星雲では、電離領域が星団の外側に大きく広がっています。国立天文台のスーパーコンピューター「アテルイⅡ」を用いたシミュレーションと観測データにより、星団から弾き出された大質量星がそのような電離領域を作るきっかけとなった可能性が示されました。
星雲

赤外線でとらえたバラのつぼみのような星雲

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたもので、バラのつぼみのような形をした反射星雲NGC 7129と、その...
Twitterフォロワー1.2万突破 アストロピクスをフォロー!