ちょうこくしつ座の棒渦巻銀河NGC 7513 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河NGC 7513。南天のちょうこくしつ座の方向、約6000万光年の距離にあります。

この銀河は秒速1564kmで地球から遠ざかっています。NGC 7513がそれほどのスピードで遠ざかっているのは奇妙に思われるかもしれませんが、珍しいことではありません。宇宙にある多くの銀河は、宇宙が膨張しているために遠ざかって見えるのです。

画像は2020年7月6日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, M. Stiavelli

https://www.spacetelescope.org/images/potw2027a/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています