メイブン

火星

火星探査機との通信が2週間中断。その間も観測は実施

2023年11月11日から25日までの2週間、NASA(アメリカ航空宇宙局)は火星探査機や探査車へのコマンドの送信を中断します。地球と火星が「合」となる前後で、太陽のコロナから放出される高温の電離ガスが地球から火星探査機に送信される無線信号を破損させる可能性があるためです。
火星

探査機が紫外線でみた火星の大気

NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月23日、火星探査機メイブン(MAVEN)が紫外線で火星の大気をとらえた2点の画像を公開しました。 メイブンに搭載されたIUV...
太陽系

8つの惑星科学ミッションの延長をNASAが決定

2022年4月25日、終了が近づいている8つの惑星科学ミッションについて延長を決定したとNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表しました。 ミッションの延長は、学術...
火星

探査機メイブンがとらえた火星で急速に発達する雲

これらの画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機メイブン(MAVEN)が紫外線でとらえたものです。2016年7月9日から10日にかけて、火星の大気中で...
火星

フォボス表面には火星大気の過去が眠る!?

火星の衛星フォボス 火星の衛星フォボスは、火星大気から流出した荷電粒子の流れの中を公転していることが明らかになったとする研究が、カリフォルニア大学バークレー校の...
火星

砂嵐が火星の水を失わせる!?

火星にはかつて海があったと考えられています。しかし現在の火星は乾燥しており、大量の水がどうやって失われたのかはよく分かっていません。 アリゾナ大学月惑星研究所博...
火星

火星の夜間大気光の脈動をとらえた

この画像は、NASAの火星探査機メイブンが紫外線でとらえた夜間大気光の画像を、火星の地形がわかる画像に重ね合わせて表示したものです。紫外光の明るさを緑と白の色で...
記事をシェアする