系外惑星

太陽系外惑星

全球をマグマが覆う太陽系外の岩石惑星を発見か

約66光年の距離にある恒星「HD 104067」で3つ目の惑星候補を発見。その岩石惑星「TOI-6713.01」は表面温度が最高2373℃に及び、表面は火山活動が活発で溶岩で覆われているとみられています。火山活動の原因は恒星などによる潮汐力。
太陽系外惑星

ハビタブルゾーンにあるスーパーアース「TOI-715 b」を発見

地球からわずか137光年の距離にある赤色矮星TOI-715のまわりで、太陽系外惑星「TOI-715 b」が発見されました。TOI-715 bは、直径が地球の1....
太陽系外惑星

56万kmに及ぶヘリウムの尾が伸びる太陽系外惑星WASP-69b

ヘリウムの尾を形成するWASP-69bの想像図。今回の研究は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の博士課程の学生Dakotah Tyler氏らによるも...
太陽系外惑星

「溶岩半球」をもつ地球サイズの太陽系外惑星を発見

TESS衛星のデータから、太陽と似たサイズの恒星HD 63433で、太陽系外惑星「HD 63433 d」が発見されました。HD 63433 dの直径は地球の約1.1倍。恒星から非常に近く、潮汐ロックにより常に同じ面を恒星に向けているため、昼側は溶岩半球になっている可能性があると考えられています。
太陽系外惑星

太陽系外惑星にも地下の海と間欠泉が存在か!?

17個の太陽系外惑星の氷の地殻の下に、液体の水からなる海が存在する可能性を示す研究が発表されました。地下海からの水は、氷の地殻を通り間欠泉として噴き出している可能性もあるとのことです。
太陽系外惑星

恒星に対して大きすぎる太陽系外惑星を発見

恒星のサイズに対して大きすぎる太陽系外惑星を発見したとする研究が、アメリカ、ペンシルベニア州立大学などの研究チームにより発表されました。太陽の9倍以下の質量の恒...
太陽系外惑星

綿菓子のようなフワフワの太陽系外惑星で砂の雲を発見 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が観測

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を使い、太陽系外惑星WASP-107bの大気が観測されました。その結果、水蒸気や二酸化硫黄のほか、砂(ケイ酸塩)の雲が発見されました。WASP-107bは、「コットンキャンディ」などと呼ばれるほど「ふわふわ」とした低密度の惑星です。
太陽系外惑星

ハッブル宇宙望遠鏡が最も近い地球サイズの太陽系外惑星の大きさを測定

ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、22光年離れたところにある太陽系外惑星「LTT 1445Ac」の直径が、地球の1.07倍ほどであることがわかりました。また以前のデータとあわせ、惑星の質量が地球の約1.37倍、密度が5.9g/cm3(地球の密度は5.5g/cm3)と求められました。
太陽系外惑星

2つの巨大氷惑星が衝突して生じた塵の雲が恒星の光をさえぎった!?

「ASASSN-21qj」と名付けられた太陽に似た星が、2021年12月に急に減光。その約3年前に、赤外線での明るさが約2倍になっていました。輝く物質の温度と大きさ、そして継続時間が、2つの巨大氷惑星の衝突現象と一致することが国際研究チームによって示されました。
太陽系外惑星

恒星と褐色矮星、低質量星、そして低質量星をまわる天体からなる複雑な恒星系を直接撮像

この画像は、「HIP 81208」と呼ばれる恒星系をとらえたものです。ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLTで撮影されました。 HIP 81208は、質量の大き...
太陽系外惑星

ウェッブ望遠鏡、太陽系外惑星「K2-18 b」でメタンや二酸化炭素を発見

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の観測により、太陽系外惑星「K2-18 b」の大気中に、メタンや二酸化炭素などの炭素を含む分子が発見されました。 K2-18 bは...
太陽系外惑星

がか座ベータ星を周回する系外惑星のタイムラプス映像

この映像は、がか座ベータ星を周回する惑星「がか座ベータ星b」をとらえたものです。映像は2003年から2020年までに撮影された画像をもとに作成されました。惑星が...
記事をシェアする