オリオン宇宙船、太平洋に着水! | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

オリオン宇宙船、太平洋に着水!

2022年11月16日に打ち上げられたオリオン(オライオン)宇宙船が、月への飛行を終えて地球へ無事帰還しました。宇宙船のクルーモジュールは12月11日午前9時40分(アメリカ太平洋標準時、日本時間12日午前2時40分)、カリフォルニア沖の太平洋に着水し、NASA(アメリカ航空宇宙局)のアルテミス計画の第1段階であるアルテミス1飛行試験を終えました。画像は着水の瞬間をとらえたものです。

クルーモジュールは回収後、港を経由してケネディ宇宙センターへ陸路で運ばれます。ケネディ宇宙センターでは各種センサーを取り付けたダミー人形(ムーニキン・カンポス船長)などのペイロードを下ろす作業が行われます。カプセルや熱シールドは、数か月にわたり試験と分析が行われる予定です。

降下中のカプセル
降下中のカプセル
太平洋に浮かぶカプセル
太平洋に浮かぶカプセル

Image Credit: NASA

(参照)NASA