アルテミス1のオリオン宇宙船から撮影された大気圏再突入時の圧巻映像! | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

アルテミス1のオリオン宇宙船から撮影された大気圏再突入時の圧巻映像!

およそ1年前、NASA(アメリカ航空宇宙局)のアルテミス1ミッションで、オリオン(オライオン)宇宙船が地球に帰還しました。

2022年11月16日に打ち上げられた無人のオリオン宇宙船が、月への飛行を終えてカリフォルニア沖の太平洋に着水したのは12月11日午前9時40分(アメリカ太平洋標準時、日本時間12日午前2時40分)でした。冒頭の映像は、大気圏への再突入時にオリオン宇宙船から撮影されたものです。帰還から1年後の2023年12月11日、NASAがX(旧Twitter)やFacebookなどSNSで映像を紹介しました。

映像の長さは25分間。映像終了の1分前に宇宙船が着水していますので、映像の冒頭は着水24分前ということになります。映像の冒頭は再突入前で、宇宙から見た地球が映る穏やかな映像が流れます。

アルテミス1では、オリオン宇宙船は「スキップエントリー(スキップ再突入)」という方法で地球に帰還しました。これは一度、大気圏に再突入した後でいったん宇宙空間へ戻り、その後また再突入するというものです。

映像のスタートから4分ほど経過すると、宇宙船は最初の大気圏への再突入を開始します。しばらくは再突入時の激しい映像が続きますが、途中でいったん宇宙空間へ出て穏やかな映像となったあとで再び激しくなり、最後は小パラシュートとそれに続くメインパラシュートを展開して減速し、太平洋に着水します。

こちらは同じ映像を8倍速にしたものです。

Movie Credit: NASA

(参照)NASA Images and Video Library