かみのけ座の棒渦巻銀河NGC 4907 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河NGC 4907。かみのけ座の方向、2億7000万光年の距離にあります。銀河円盤が正面から見えており、美しい渦状腕が映し出されています。

NGC 4907の下で明るく輝いているのは、天の川銀河にある恒星です。この星は地球から2500光年の距離にあります。NGC 4907と比べて10万分の1ほどしか離れていないため、多くの星が集まるNGC 4907よりもとても明るく輝いています。

NGC 4907は、かみのけ座銀河団を構成する銀河の1つです。かみのけ座銀河団は1000以上の銀河からできており、画像にはその一部の銀河も映っています。

画像は2020年8月3日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, M. Gregg

(参照)ESA/Hubble

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています