月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターがとらえた「地球の出」

NASA(アメリカ航空宇宙局)の月探査機ルナー・リコネッサンス・オービター(LRO)がとらえた「地球の出」。2015年10月12日に撮影された一連の画像から作られました。撮影時、LROは月の裏側にあるコンプトン・クレーターの上空約134kmのところにいました。地球には、大西洋をはさんでアフリカ大陸や南アメリカ大陸などが見えています。

地球上から見ると、月は毎日、東の空から昇り、西の空に沈みます。一方、月は常に同じ面を地球に向けているため、月面から見ると地球はいつも同じ場所に見えることになります。画像のような「地球の出」が見られるのは、探査機が月を周回しているからです。

ただLROは通常、観測のためにカメラを月面に向けています。ときおり、月に存在するごく薄い大気を観測するために、カメラを宇宙空間の方へ向けることがあります。そのとき、地球がカメラの視野に入ってくることがあります。上の画像は、そのような機会を利用して撮影されたものです。

Image Credit: NASA/Goddard/Arizona State University

https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/lro-earthrise-2015


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています