「こうのとり」9号機、8月19日にISSから分離、20日に大気圏再突入へ

2020年5月21日(日本時間、以下同じ)にH-IIBロケット9号機で打ち上げられ、26日にISS(国際宇宙ステーション)とドッキングした宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV-9)。そのHTV-9のISSからの分離と大気圏への再突入の予定日時がJAXA(宇宙航空研究開発機構)から発表されました。

発表によるとHTV-9のISSからの分離は8月19日午前2時35分ごろ、大気圏への再突入は20日午後4時7分ごろに予定されています。南太平洋上空で大気圏に再突入します。

ISSからの離脱のライブ中継が、8月19日午前2時15分〜3時5分にYoutubeなどで予定されています。

「こうのとり」の運用は今回の9号機で終了します。2021年度の打ち上げに向けて現在、後継機HTV-Xの開発が進められています。

なお冒頭の写真はアストロピクスでも以前紹介したものです。6月21日、オーストラリア北東部の太平洋上空で撮影された写真です。

Image Credit: NASA

(参照)JAXANASA blogs

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています