クルードラゴン「レジリエンス」、ISS接近中の高解像度写真が公開

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の野口聡一さんを含む4人の宇宙飛行士を乗せたクルードラゴン「レジリエンス」は、2020年11月16日9時27分(日本時間、以下同じ)に打ち上げられ、翌17日13時1分にISS(国際宇宙ステーション)にドッキングしました。

冒頭の写真はISSに接近中のレジリエンスです。写真のEXIFデータを見ると撮影されたのは12時34分とのことですので、ドッキングの27分ほど前の姿をとらえたものです。

こちらの写真は冒頭のものより25分ほど前、つまりドッキング の1時間ほど前に撮影されたものです。背景には地球の雲が映っています。

レジリエンスはISSのハーモニー・モジュールにドッキングしました。なおハーモニー・モジュールには、日本の実験棟「きぼう」も結合しています。NASA(アメリカ航空宇宙局)によるドッキングのライブ配信などでは、きぼうに設置された船外カメラで撮影した映像も流れていました。

レジリエンスには野口さんのほか、NASA(アメリカ航空宇宙局)のマイケル・ホプキンス飛行士、ビクター・グローバー飛行士、シャノン・ウォーカー飛行士の3人が搭乗していました。すでにISSに滞在していた3人の宇宙飛行士とともに、ISSでは7人体制での運用が行われます。

オリジナルの高解像度画像はNASAのサイトでご覧ください。
1枚目 https://images.nasa.gov/details-iss064e004546
2枚目 https://images.nasa.gov/details-iss064e004635

Image Credit: NASA

(参照)NASA Image and Video Library

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています