ISSからとらえたネオワイズ彗星

写真中央下にネオワイズ彗星(C/2020 F3)が映っています。この写真は2020年7月5日に、ISS(国際宇宙ステーション)から撮影されたものです。写真撮影時、ISSは地中海上空にいました。地平線の下に隠れている太陽からの光で、地球の大気が明るく見えています。

ネオワイズ彗星は、2020年3月にNASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星NEOWISEによって発見された彗星です。7月3日に近日点(太陽に最も近づく点)を通過しました。

写真の背景には、主にぎょしゃ座の星々が見えています。彗星の上に見える明るい星は、ぎょしゃ座θ(シータ)星で、さらにその左上、写真上端近くに見えている明るい星は、ぎょしゃ座β(ベータ)星です。

ここ数日、地上からネオワイズ彗星を撮影した写真もSNSなどでアップされています。また肉眼でも見えるという報告もあります。7月上旬は未明の北東の空、中旬以降は夕方から夜早い時刻にかけての北西の空に現れますので、機会があれば空を見上げてみてはいかがでしょうか。

Image Credit: NASA

https://images.nasa.gov/details-iss063e040067

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています