太陽光を反射して輝く南太平洋

ISS(国際宇宙ステーション)からとらえた南米チリ南部の写真です。写真手前が南米大陸で、チリのサン・ラファエル湖国立公園付近が映っています。写真奥は南太平洋で、太陽の光を反射して金色に光っています。太陽光の反射によって、海岸線の一部がくっきりと見えています。

写真は2020年7月4日に、ISSの第63次長期滞在クルーによって撮影されました。写真に映っている海は太平洋ですが、撮影時、ISSはアルゼンチン沖の大西洋上空に位置していました。

Image Credit: NASA

https://images.nasa.gov/details-iss063e039995

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています