国際宇宙ステーションからみた金星、プレアデス星団などの星空

ISS(国際宇宙ステーション)から撮影された写真です。2020年3月17日、カザフスタン上空から第62次長期滞在クルーが撮影しました。地球には都市の灯などが見え、地球の縁には大気光やオーロラが映っています。

写真左側で最も明るく光っているのは金星です。写真左端に近いところでいくつかの星が集団になっているのが見えますが、これはプレアデス星団(すばる)です。金星の右側には、おひつじ座やさんかく座、さらにその右にはアンドロメダ座の星々が映っています。

なお写真中央上にぼんやりと明るく見えているのは、室内のコンピュータ機器の光が窓に映ったものです。

Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

(参照)Gateway to Astronaut Photography of Earth

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています