宇宙から見た南極のオーロラ

2011年9月17日、インド洋上空を通過しているISS(国際宇宙ステーション)から撮影された南極上空のオーロラの写真です。

オーロラは、太陽からやってくる電子などの電気を帯びた粒子(プラズマ)が、大気中の酸素原子や窒素分子などに衝突して光ります。またオーロラは、100~400kmほどの高度で発生します。ISSの高度は400kmほどですから、オーロラを上から見ることができるのです。

太陽から大量のプラズマが一気に放出される現象(コロナ質量放出:CME)が発生することがあります。地球に向かってCMEが起きると、プラズマが地球まで到達したときにオーロラの活動が活発になります。上の写真が撮影されたときには、9月14日に発生したCMEの影響でオーロラの活動が活発になっていました。

Image Credit: Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS029&roll=E&frame=06020

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています