やまねこ座の渦巻銀河NGC 2770 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 2770。やまねこ座の方向、9000万光年の距離にあります。

NGC 2770では、ここ20年ほどの間に4つの超新星(SN 1999eh、SN 2007uy、SN 2008D、SN 2015bh)が観測されました。そのうちSN 2007uyは、日本の広瀬洋治さんが発見したものです。

またSN 2015bhは発見当初「supernova impostor(“にせ超新星”、“偽物の超新星”、“擬似的超新星”などと呼ばれることがあります)」という、超新星と似てはいるけれども別の爆発現象に分類されていましたが、最終的にII型超新星だと確認されました。

2020年1月6日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Filippenko

https://www.spacetelescope.org/images/potw2001a/


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています